カードローンの審査とは

カードローンに申し込んだからといって必ずお金が借りられるわけではありません。ほとんどの人は借りられると思いますが、審査によってはねられてしまう場合もあるのです。ではどうすればカードローンの審査に通りやすくなるのでしょう。

 

多くの審査でチェックされるのが、「就業しているのかどうか」「勤務年数」「年収」「住まいの有無」などです。どの項目に重きを置くのかはカードローン会社によって違ってきます。

 

例えば消費者金融系カードローン会社では現在就職しているのかどうかが重視されます。これは正社員であるかそうでないか、という意味ではなく、定期的に収入があるかどうかという点を重視しています。ですのでアルバイトであってもOKというわけです。

 

銀行系のカードローンの場合年収を重視するところもあります。そのほかにも家が持ち家か賃貸か、持ち家であればどれだけ長く住んでいるのか、という点を重視する会社もあります。このような場合正社員として大企業に勤めていても転勤族の人は不利になるというわけです。

 

カードローンの審査で最も重要なのが在籍確認です。審査対象の人が確実に働いていることを確認するためにカードローンの審査担当の人があなたの職場に電話をかけてきます。しかし安心してください。在籍確認をカードローン会社がする際には担当者は個人名で電話をかけてきます。会社の人にあなたがカードローンを申し込んでいるということは絶対にばれません。

 

審査にかかる時間は会社によってさまざまです。早いところでは1時間ほどで済んでしまい、申し込んだその日にお金を受け取ることも可能です。このような会社は消費者金融系に多いようですので、急に現金が必要になってカードローンを利用する際は消費者金融系カードローンなどを使ってみましょう。コンビニから取引をすることも可能です。

 

一般的に審査に時間がかかる銀行系カードローンですが、三菱東京UFJ銀行のカードローンは審査が早いことで有名です。他の銀行系カードローンでも条件によってはその日のうちに借りられることもありますので、調べてみましょう。

安心して審査に通るおすすめのカードローン

アコム

ネットで申込から契約まで完了できる!
急な申込にもスピーディーな対応
自動契約機ならその場でカード発行も!
選べる借入れ方法と返済方法

公式サイトへ

 

モビット

PC・スマホでWEB完結申込!
業界最高水準の借入れ限度額に安心
返済シミュレーションで返済計画もばっちり!
使える充実の会員サービス

公式サイトへ

 

アイフル

初めての不安もしっかりサポート
女性専用申込ダイヤルも完備
手続きはネットで全て完了できる
返済シミュレーションもわかりやすい

公式サイトへ

カードローンに関する疑問

1.カードローンの審査で勤続年数について聞かれました。これって重要な情報なんでしょうか?
カードローン会社の立場からするとお金を貸すのですから必ず返してもらえなければ困ります。勤続年数が長いからその人は誠実な人でお金をきっちり返す人だ、と一概には言えませんが、その可能性は高いということは言えるでしょう。

 

例えば40代で勤続年数が1年ほどしかない場合、もちろんキャリアアップやある分野の仕事においてのスペシャリストでやっと独立した、というケースもあるかもしれませんが、若い時から仕事が続かずすぐに辞めてしまうというような人であった場合、返済が滞ってしまう可能性が高いのはすぐにわかります。

 

もちろん勤続年数がいくら長くても他の金融会社からの借入がたくさんあるようではカードローンの審査も通らないでしょう。勤続年数だけが審査の目安となるわけではありません。しかし勤続年数もカード会社が信用できる人物か否かを見極める重要な要素になっていることは覚えておきましょう。

 

2.カードローン作成時に審査にかかる所要時間はどのくらいか?
カードローンの最大の特徴は、使い勝手が良い所です。ですから、従来の借入と比べると審査の時間がとてもスピーディーなのです。カードローンは色々な会社が取り扱っていますが、一番早い所は消費者金融系のカードローンでしょう。会社によって審査の所要時間は大幅に異なるので、よく確認して契約することが大切です。

 

消費者金融の中でも知名度の高いプロミスは、審査の時間が断トツで早いです。なんと、最短で30分ですから急な出費が必要となった時に迅速に対応することが出来ます。

 

また、コマーシャルなどで誰もが一度は目にしたことがあるはずのアコムでは、事前診断はありますがこちらも最短で30分のスピード審査です。アコムは大手銀行の三菱東京UFJの下請けなので、怪しい消費者金融ではないから安心で安全が保障されています。これ以外にも、楽天銀行カードローンオリックス銀行カードローンなども比較的短期間で審査が通過するのでおすすめです。

 

銀行系のカードローンは低金利の代わりに、審査の時間は長くかかります。ですから、すぐに審査を通過したい場合は消費者金融系のカードローンがおすすめです。消費者金融系のカードローンの場合は、審査が短いだけではなく審査基準も銀行系に比べて甘いので、銀行系が通過しなかった人でも消費者金融系なら通過することが多いという傾向が良くあります。

 

3.カードローンの審査が通過しなかった時の訳は?
カードローンを必要としていて作成しようとしたのに、審査が通過しなかったという人は沢山います。審査が通過しなかったということは、明確な理由があるからなのですが果たしてそれはどういったことなのでしょうか。

 

色々な例が挙げられますが、その一つにカードローンの複数申し込みが挙げられます。審査を行う時に、信用情報をチェックするのですがこの信用情報には今まで自分が申し込みをした審査の履歴が保存されています。だから、会社は違っても申し込んでいるという事実はチェックされてしまうのです。

 

複数契約してすべてのところで借入をしていなかったとしても、複数というだけで返済能力が無いのではと見なされてしまうことが多いのです。なので、複数契約するときは間隔を空けたりきちんと返済をして信用をつくるなどして対策が必要となります。

 

そして、うっかり返済を忘れていたなどの返済遅れがあると審査は落ちることが多いです。お金のやり取りはシビアですから、借りた金額は期日に必ず返さなければいけません。そのルールが守られていないと、金融機関も安易にお金を借入するのは難しいということになります。

 

また、既に複数のカードローンを所有していて借入をしている場合も審査はまず通過しません。これがきちんと総量規制内だったとしても、きちんと返せる見込みが保証できないからです。安易な気持ちで複数契約をせずに、きちんと期日を守って返済をすればカードローンの審査は大抵の人は通過します

 

4.なぜカードローンの審査に通らないのか?
カードローンを利用するために申し込みをしたのに、審査が通過しなかったということは珍しくありません。審査が落ちるということは、それなりの理由があるのです。よくあるパターンとしては、カードローン会社の審査基準に該当しなかったというパターンです。

 

申込みの手続きがあると、カードローン会社は利用者のデータをチェックします。色々なチェック項目があるのですが、年収や勤続年数、住居年数のこの3つは重点的にチェックされます。年収はカードローン会社によって基準年収が異なるのですが、大体200万が目安となっているそうです。勤続・住居年数も違いはありますが、大体は3年前後で判断しています。

 

これ以外にも、過去にローン滞納や自己破産、延滞などの実績があれば間違いなく審査は通過しません。これらの情報は信用情報機関に残されているので、不正することは不可能です。仮に情報を偽ったとしても、そのような嘘はすぐに見破られてしまいますし偽った時点でその後の審査がまた通りづらくなってしまいます。

 

また、申込書に記載ミスがあった時も審査に響くことがあります。誤字脱字や必要事項の記入漏れ、字が汚いなど一見うっかりとしたミスだから大目に見てくれないのかと思いがちですが、お金を借りる為の申込書なのですから正しく記入するということは大前提なのです。延滞などはないのに、申込書で審査が通過しなかったという人は結構多いのです。申込書はカードローン会社によっては重要な資料なのですから、不備があると審査が通過出来ないということは当然の結果ではないでしょうか。

 

カードローンの利用は計画的に

カードローンと洒落た名前をしていますが、実際はただの借金です。借金を好き好んでする人はいませんから、利用する人は何らかの事情を抱えていることでしょう。もし初めてカードローンを利用する人は、借入する必要があるのかをしっかりと考え直す必要があります。一度カードローンの世界に足を踏み入れてしまうと、段々借入がエスカレートしてしまう人が多いからです。借金をするということは、日ごろの貯蓄がないなど自分のライフスタイルに問題がある場合が多いのです。カードローンは、困った時の最終手段と考えることを忘れないでください。

 

借金をしない為には、その意思を貫き通すことが大切です。給料が下がったとか契約が打ち切られたなどの理由は、認められません。給料が下がったとしても、その月々の給料で不自由なく生活している人は沢山います。カードローンを利用しても、その一時は良いかもしれませんが後々返済が待ってます。安易な利用は避けて、しっかりとプランを立てた利用をおすすめします。

 

カードローン審査のおすすめランキング!

  おすすめ順 実質年率 融資限度額 審査結果 総量規制
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 最短30分 対象
モビット 4.8%〜18.0% 1万円〜500万円 最短30分 対象
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短30分 対象
アイフル 4.5%〜18.0% 1,000円円〜300万円 最短30分 対象
オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8% 10万円〜800万円 最短即日 対象外
楽天銀行カードローン 4.9%〜14.5% 1万円〜500万円 最短30分 対象外